26歳女性、育児に向き合ってくれる旦那に感謝

私と旦那は同じ26歳で、現在10ヶ月になる娘の子育て真っ最中です。

結婚して出産して、色々な出来事を通してお互いすれ違ったりぶつかったりと揉め事も絶えませんでしたが、それでもこの人と結婚してよかったなと思う瞬間はやっぱり家族三人で居る時や子供と接している時の旦那の態度などを見ている時です。

産まれて初めの頃こそあまり育児には参加せず、オムツ交換なども「いま手が離せないから替えてあげて!」と言って初めて動いてくれるというような状態でしたが、退院してきた当初からお風呂はパパの仕事として必ず入れてもらう様にして娘と極力触れ合ってもらっていたのが徐々に効いたのか、次第に赤ちゃんの扱いも慣れ始めて率先してお世話をしてくれるようになりました。
娘が「パパ」と曖昧ながらにも発する事が出来た時は相当嬉しかったのか何度も「今パパって言ってた」と報告されました。
やっぱりおっかなびっくり状態でもいいので最初の頃から旦那にも育児に参加してもらえるようにするのは正解だったかなと思うと共に、しっかりとお世話もしてくれてちゃんと愛情を注いでくれている姿を見ると「この人と結婚して良かったな」と思います。

産後すぐに始まる赤ちゃんのお世話や相手は自分一人でやっていくにはとても大変ですし、何度もあるオムツ替えやしっかりと支えて入れなければならないお風呂、泣いてぐずった時の抱っこなどどれかひとつだけでも手伝ってもらえるだけで相当負担は違います。
また、自信が無いのは父親も母親も同じです。
自分が大丈夫かな、あっているかなと常に思って居たりする事は旦那さんも言わないだけで同じように不安に思っていたりするので、私は旦那が代ってオムツを変えてくれた時やお風呂に入れてもらった時、子供に話しかける様に「パパに替えてもらって嬉しいね」「パパとお風呂気持ちよかったね」など大袈裟でもいいので声をかけてあげていました。
また旦那もそれを聞く事で多少なりとも安心感とちゃんとお世話をしているという実感が持てた様なので、こういった言葉でのスキンシップも子育ての為にも、夫婦二人が仲良くやっていく為にも大切な事なんだなと思いました。