40歳男 両親が新しい生き甲斐を見つけてポジティブに。

私は40歳の会社員です。

結婚6年目で、2人の息子がいます。

私が結婚したのは、34歳の時で遅めの結婚でした。

あまり結婚願望が強くなく、このまま独身でも良いかなと思っていましたが、今の妻と出会い、結婚することになりました。

結婚して私を取り巻く環境が激変しましたが、これはある程度予想していましたが、予想外の変化もありました。

それは私の両親です。

私は弟と両親の4人家族でした。

小さい頃は休みの日に家族で出掛けたり、盆正月に旅行に行ったりと、一般的な家庭でした。

私や弟が大学に進学したくらいから、少しずつ家族の単独行動が始まり、家族全員で何かをするということがほとんどなくなりました。

更に就職して家を出ると、盆正月の帰省も儘ならなくなり、家族と会うことすらなくなってしまいました。

仕事をしていた私たち兄弟も帰らなくなりましたし、定年して暇だった両親も私たちに会いに来るようなこともありませんでした。

ですから年に数回の電話で生存確認をしているだけでした。

しかし、風向きが変わったのは弟が結婚して、子どもができた頃でした。

我が家の両親も人並みに孫が可愛いらしく、弟夫婦の家に度々出向き、また実家に来るように何かと用事を用意し始めました。

そして、その少し後に私が結婚し、妻が妊娠すると、完全に両親は覚醒しました。

ゴールデンウィークや盆正月の前になると、電話をしてきて、帰省のスケジュールを確認します。

帰省すると、その後の予定はしっかり立てられており、私たちは大人しく従います。

父はそれまで近所の買い物用に軽自動車に乗っていたのですが、家族全員が1度に移動できるようにと、12人乗りのハイエースを買いました。

そして、離れて暮らす私や弟夫婦に会いに行く時は、母とハイエースで車中泊をしながら、やってきます。

そんな両親の携帯はもちろん、スマホです。

かわいい孫たちの最新の写真や動画を手に入れるために契約したものです。

パソコンすら使いこなせないのに、スマホはバリバリ使いこなしています。

私たちが結婚する前は、覇気もなく、このまま枯れ果ててしまいそうだった両親が、ここまで前向きに生きていられるようになったのを見ると、結婚して良かったなと思います。

全く予想外の変化でしたが、少し親孝行ができて嬉しく思います。