32歳女 遠距離恋愛を経て結婚したからこそ 

現在、関西に在住の30代の主婦です!
私と主人は結婚するまで遠距離恋愛を長いことしていました。

その期間は5年以上にもなります。

これを友人や知人に言うとかなり驚かれます。

自分でも正直こんなにも長い間遠距離恋愛をするとは思っていなかった部分があります。

付き合い始めから遠距離恋愛だったのですが、最初の頃はすぐに近距離恋愛になるのではと思っていました。

もともと私の実家は関東圏で、主人の実家は関西圏です。

でも、二人共、関東圏にある大学を卒業しているので、就職も関東圏で行っていました。

同じ会社で知り合い、惹かれたのですが、その後主人は関西で仕事をすることになってしまいました。

遠距離恋愛でも良いからと思い、告白し思いを通じ合わせることができました。

しばらくしたら主人が関東に戻って仕事を始めると思っていたので、それまでは遠距離恋愛でも仕方ないと思っていたのですが、一向にこちらに帰ってくる気配がありません。

しびれを切らした私が聞くとそのつもりはあるけれどなかなかうまくいかないと彼も嘆いていたので仕方ないなと思っていました。

結局その後は私が関西に住むことで遠距離恋愛に終止符を打ち、結婚生活をスタートさせるのですが、これまでずっと離れていたということが信じられないくらい幸せな毎日を過ごしています。

好きな人が傍にいて、一緒にご飯を食べて、一緒に寝起きをするということがこれまでは当たり前ではありませんでした。

日々、相手が何を思い過ごしているのか分からない状況だったのに、今はすべて把握できます。

遠距離恋愛中は、よくて3か月に1回程度会うという感じでした。

今はそれが信じられません。

よく離れていて我慢ができたなと思ってしまいます。

確かに久しぶりに会える時は貴重だったので、何をしなくても楽しめていたなと懐かしさすら感じます。

でも、もうあの頃には戻りたくありません。

慣れ親しんだ地域から引っ越し、彼と二人で生活をしていくことは大変な面もありますが、結婚してこうして二人で何気ない毎日を過ごせるだけで私は結婚してよかったなと思います。