33歳、女性、旦那が育児や家事を手伝ってくれた時

33歳、2人の子持ちの専業主婦です。

わたしが結婚して良かったと思ったことは、2人目を産んでからです。

一人目の時は、旦那が転職をしたばかりで忙しく、子供の手続きや家事、育児のほとんどをしていました。
わたしも子供が一人、それもよく食べてよく寝てくれる子だったので手がかからず、わたし自身にも余裕がありました。

しかしそんな余裕は二人目が産まれた時から一変しました。

まずは上の子の赤ちゃん返り。
赤ちゃんも授乳やおむつを替えたりと手が必要なのに、更に上の子の相手なんてできません。
家事も上の子が「抱っこ抱っこ」とせがんできて、赤ちゃんを背負っている状態ではキッチンに立つことすら困難でした。

そんな時に、旦那が赤ちゃんを抱き、上の子の気がそれるように遊び相手になってくれた時には本当に助かりました。
もちろん、上の子がわたしにぴったりとくっついて離れないときもありましたが、赤ちゃんがいないだけでもだいぶん楽になります。
上の子も3か月もすると徐々に落ち着き、旦那と遊んでくれる日が多くなりました。
旦那は、これくらいしかできないけど、と申し訳なさそうに言っていましたが、わたしとしては言葉にできないくらいに嬉しかったです。

もちろん、わたしの代わりに家事をしてくれると嬉しいです。
ですが旦那は産まれてから家事をしたことがありません。
ですので、わたしの代わりに料理をすることは難しいです。
けれども、忙しくするわたしの姿を見て、慣れない洗濯や掃除を、倍以上の時間がかかりながらも手伝ってくれる姿を見て、結婚して良かったと思いました。
こうやって、困難なことを支えあいながら家族になっていくんだなと実感した瞬間でもありました。

今は下の子が10か月。
旦那は相変わらず慣れない手つきで洗濯物を畳み、夕食後の茶碗を洗い、と家事を手伝ってくれています。
上の子も、そんな旦那の姿を見てか、積極的にお手伝いをするようになってくれました。
これからも、下の子の行動が活発になって目が離せなくなり、ますます大変なことが待っていると思います。
それでも、旦那と一緒なら、困難なことがあっても、一緒に乗り越えていくことができるのではないかと思います。
そして一つ一つ乗り越えていくとき、その瞬間が、結婚して良かったと、しみじみ思います。