64歳男家族が増えた結婚は楽しい

私は、51歳まで、独身であった。
今まで、それなりに彼女はいたし、結婚なんて、時期がくればすぐできると思っていた。
若いころは、本命がいても、ちょこちょこ浮気もしていたが、大体が、本命の彼女とは、別れても数ヶ月で次の彼女が見つかっていた。

ちなみに振られた際は失恋の立ち直り方などのサイトが役立ちます。

ところが、40代に入ったころから、その流れが止まってしまった。
友人に話すと、モテ時期とモテない時期があって、心配することはない・・と慰めてくれたが、浮気はあっても、本命が不在という時期が続いていた。
母が亡くなり、父一人では、痴呆の傾向がみられていたので、不安があった。
3年後、会社を辞め、父の元に戻ってきた。
皮肉にも、こんな決断を出来たのは、結婚はもちろん、彼女もいなかったからなのかもしれない。
故郷に戻ってきて、暇な時間に会うのは、高校の友人達である。
その中に、今の妻がいた。
DVの夫と別れ、3人の子供を育て上げた。
それまでにも、色々と電話で相談を受けたりもしていたが、恋愛感情はなかった。
それが戻ってきて会うたびに変わってきた。
SEXができたことも、関係があったのかもしれないが、会う頻度は、多くなっていた。
彼女はその時、旅館の仲居をしており、旅館の寮に住んでいた。
仕事はきつく、辞めたいが、住む場所を見つける時間もないというので、家に来たら・・ということで、父と私と彼女の、3人暮らしが始まった。
その頃から、結婚を意識していた。
別段、結婚をしなくてもいいのだが、どうせ一緒に暮らしているのなら、税金的には、結婚をした方が得だった。
しかし、長女が独り身だったので、結婚式の時、母親が別姓だったったらかわいそうかな・・と考え、長女が結婚するまで、結婚届は出さなかった。
それから3年後、結婚の運びとなった。
結婚式を挙げることもなく、ただ届けを出すだけだったが、なんとなく落ち着いた気持ちになったのを覚えている。
結婚記念日は、どうせ覚えられないと思っていたから、何かの祭日がいいと考えた。
昔の体育の日に、役場に届けた。
届けたが役場は休日で休みで、守衛の人が、責任をもって届けておきます・・との、味気のないものだった。
その後二人で、寿司を食いに行った。
それから・・いや、それ以前からも、彼女の子供達とは交流があったが、結婚したことにより、その回数が増えた、末っ子の次女は、実家と言って、頻繁に来ることも多かったし、長女は、すったもんだの末、離婚。
親権争いで、私が一役買い、勝ち取った。
半月ほど、孫ともども、家にいた。
長男は関西にいたため、お盆とか正月とかしか会えないが、3人、そして今は4人で、帰ってきてくれてる。
十年前、ちょっとお金が入ったので、家族全員で、沖縄旅行をした。
結婚をしてよかったこと・・それは、家族が増えたこと。
いろんな問題もあるけれど、何がいいか、みんなで考えたり、動いたり・・それが、嬉しい。
孫4人は、私とは血がつながっていないことを、いつか知るのかもしれないが、今は、じぃじと言って、素敵な笑顔を見せてくれる。
50代での結婚の確率は、数パーセントとのこと。
それをはねのけての結婚には、後悔はない。
孫に、じぃじとは血がつながっていない・・と言われた時、私はこう答えようと思っている。
”それが、どうした!”・・血のつながりは、そんなに意識していない。
私は、彼女、彼、そして孫たちの、父であり、祖父である。